Yokohama Medical Klavierについて

Yokohama Medical Klavierは2010年にサークルとして結成し、2012年より横浜市立大学医学部公認の部活として活動しています。年2回の定期演奏会を軸として、医学祭での演奏会、病院でのリサイタルなど幅広く演奏活動をしています。
現在25人以上の部員が所属していて、男女比はおよそ1:1です。ピアノ歴15年を超える人からブランクのある人まで様々なピアノ弾きが集まっていて、幅広いジャンルの曲を演奏して、自由に音楽を楽しんでいます。

定期演奏会

夏と冬に外部のコンサートホールを借りて年に2回定期演奏会を開催しています。
ピアノ部のメインイベントで、出演者はもちろんのこと広報・アナウンス・受付など部員みんなで演奏会を作り上げています。おかげさまで毎回100人近くのお客様に聴きに来ていただいています。
クラシックがメインですが、ジャズ、ポップス、自作曲など幅広いジャンルの曲を演奏している他、デュオやアンサンブルなども行っています。
過去の定期演奏会のプログラムはこちら

院内リサイタル

横浜市立大学附属病院や横浜市立大学附属市民総合医療センター、神奈川県立がんセンターのロビーなどで年に数回演奏会を開催しています。
医学生・看護学生として病院でのリサイタルはとても貴重な体験であり、定期演奏会と同様にピアノ部の主要な活動となっています。

練習について

定期的な会合や、合同練習、合宿等はなく、各々自由に練習しています。
部室には部員達で買ったアップライトピアノ2台があり、下宿先にピアノがない部員は主に部室で練習しています。